超・透視術

            \2,000
このマジックは、かなり前から演じているもので、私のマジックを生で見たことある方なら、実際に見たことあるかも知れません。

ふざけた感じにおちゃらけながら、ラストにどんでん返しのあるサッカートリック風のマジックです。

面白さの後に不思議感のあるマジックです。



現象
1組のデックの中から1枚選んでもらい、覚えてもらってデックにもどします。
デックをスプレッドして、どこにあるか分からない事を見せます。
カードを揃えながら、演者は「実は超能力者なんです」とおかしな事を言い出します。
「片目をつむって首を傾げると、選んだカードだけ透視できるようになったんです」と言って、
実際にやりながら、デックを広げてみると、誰から見ても、明らかに選んでもらったカードだけが表返っています。 なのに演者は見えていない様子…。
カードを省いていきますが、そのときに表向いているカードも省いてしまいます。
そしてテーブルに裏向きのカードを1枚残し、「このカードがあなたのカードです」と言います。
お客さんは、除いたカードの中に、表向いて入っていると思っています。
デックを広げると、表向きのカードは無く、テーブルに残したカードを見てみると、お客さんの覚えたカードなのです。



○使う技法は、スリップカット・フォースとスプレッドくらいです。
○レギュラーデックに加えて使うので、演技後は自然にギミックカードを取り除けて、残ったデックで演じれます。























































※このマジックには大した仕掛けはありません。
価格設定は、“仕掛け”でも“物”ではなく、
この“マジック”に対する価格ですので、予めご了承ください。

※この商品は、赤デック用のみで販売しています。


解説書のイラストより。






back